法務の世界では、効率の良い共同作業の可否が事件の決着を左右することがあります。同僚、専門家、証人とのコミュニケーションから、クライアントとの作業や準備まで、成功には効果的な対話が不可欠です。

LifeSize の高品質なビデオ会議ソリューションなら、貴重な時間を出張に費やすことなく、このような関係を構築するのはもちろん、事後の参考のために録画することも可能です。 
 
LifeSize のビデオ ソリューションを活用して、世界中の顧客や同僚とのコミュニケーションを促進することで、効率の最適化を可能にする方法をぜひご覧ください。お客様の会社の目標達成を支援する LifeSize ソリューションについての詳細をお読みください。




連絡先

通信を加速

法律の分野では、多くの場合、情報を迅速かつ注意深く収集する必要があります。ビデオ証言は、録画され法廷で証拠として使用されますが、証人が州外や国外にいるときはスケジュール調整が困難になることがあります。LifeSize の高解像度ビデオ会議があれば、あらゆるプラットフォームまたはデバイス上で、安全な高解像度ビデオとオーディオでどこからでも面談や証言を対面で行い、録画することができます。また、後で参考にするために録画して再生することも可能になりました。

共同作業が簡単に

弁護士は、共同作業を行うときにより能力を発揮できます。しかし、課金可能な時間数がビジネスでは強調されるため、多くの弁護士はオフィスの会議、事業レビューまたは新規のポリシートレーニングのために移動する時間が取れません。LifeSize ビデオ ソリューションなら、弁護士チームが快適なオフィスからリアルタイムで集合し、文書を一緒に準備したり、新しい手順や手続きの研修を行ったり、役員報告に参加したりすることができます。貴重な時間を移動に費やす必要はなくなります。これは、複数の拠点を持つ大手事務所では特に貴重になります。

出張の削減

弁護士たちは顧客に必要とされているときならいつでも相談に応じられるように苦心していますが、それは常に容易なことではありません。とりわけ顧客が州外や国外にいる場合はなおさらです。LifeSize のビデオ会議なら、いつでもどこでも対面でつながることが可能になり、出張に費やす時間やリソースを削減できます。

効率の高いトレーニング

法廷で仲裁者、調停者の前に出頭しなければならない弁護士とクライアントにとっては、入念な準備が欠かせません。LifeSize 高解像度ビデオ会議ソリューションがあれば、証言の練習を録画、再生したり、安全なビデオで論証を対面またはバーチャルに行ったりすることで、準備をスムーズに進めることができます。