概要

LifeSize は VMware® Technology Alliance Partner (TAP) プログラムのエリート メンバーです。つまり LifeSize のエンジニアや開発者は、VMware の幅広い技術を最大化するために要求される研修や認証にアクセスが可能です。LifeSize の仮想マシン製品の品質とパフォーマンスの高さは、任意数の仮想化環境内で VMware 技術によりテストされており、LifeSize のお客様に安心してお使いいただけます。実証済みの業界大手が誇る技術知識に裏打ちされた VMware なら、組織は仮想化により効率を改善できます。LifeSize と VMware の両方が、現在の IT 構造に簡単に統合できる仮想化ソリューションで最高品質のサービス、技術、専門知識を提供しています。

仮想化ビデオ会議インフラストラクチャを起動

LifeSize は、仮想化を全体的に取り込んだ最初のビデオ会議システム メーカーです。ハードウェアまたはバーチャルとして利用可能

LifeSize は、仮想化を全体的に取り込んだ最初のビデオ会議システム メーカーです。ハードウェアまたは仮想化ソフトウェアとして利用できる LifeSize UVC アプリケーションだけで、御社をビデオ対応の環境にすることができます。モバイル ビデオ通話多地点ビデオ会議ストリーミングと録画およびビデオ ネットワーク管理などの主なビデオ インフラ アプリケーションはすべて統合され、LifeSize UVC Platform 上で 1 つの共通インターフェースから利用できます。LifeSize UVC Platform も VMware Ready の資格を獲得しています。この指定は、詳細な検証プロセスの実施後、それが VMware の最高レベルの推薦を獲得し、VMware Solution Exchange (VSX) に登録されることを意味します。

仮想化が必要な理由

仮想ビデオ会議インフラにより、「サーバー 1 台につきアプリケーション 1 つ」というモデルを排除し、お客様のニーズに適応するビデオ インフラの管理、導入、拡張方法における効率性を高めます。ハードウェア ソリューションによる利便性は数多く挙げられますが、仮想化は企業にこれとは別の利点をもたらします。

効率性の向上
使用率の低いサーバーリソースを結合します

運用コストの節約
エネルギー、スペース、スタッフの作業時間を減らします

より速くより簡単な展開
数分間で展開でき、ハードウェアのインストールや構成、発送は不要です

より大きな柔軟性とコントロール
簡単に管理、移動、構成でき、ニーズに合わせてスケールを変更できます

ほとんどダウンタイムゼロのエンタープライズクラスのビジネス継続性
フェイルオーバーおよび負荷分散により、高可用性および災害復旧性を実現します

仮想化の仕組み

ビデオ インフラストラクチャの仮想化とは、仮想化ソフトウェアの層がサーバー上で実行中のシステムを抽象化するプロセスです。仮想マシンは厳重に隔離されたソフトウェアのコンテナであり、独自のオペレーティング システムと独自のアプリケーションを実行することができます。また、基盤となる物理ハードウェアからは完全に独立しています。

仮想化により、単一の物理サーバー上で複数の仮想マシンを実行することができます。また、各仮想マシンで、そのサーバーのリソースを共有することができます。加えて、仮想マシンは他の既存のサーバーに移動することができるため、ネットワーク環境内の柔軟性とコントロールがさらに高まります。

VMware の技術を使用した LifeSize の仮想ビデオ会議ソリューションは、ビデオ インフラの革新の新しい流れを生み出しています。ソリューションの詳細をご覧ください。