Lifesize Connections の役立つリソース

「ハウツー シリーズ」には、Lifesize Connections の開始方法、ビデオ通話方法、ゲストの招待方法などのトピックを説明しています。これを読み、LifeSize Connections を今すぐ開始してください。数分で高解像度による共同作業がとても簡単にできることが分かるでしょう。同僚、パートナー、お客さま、その他世界中の誰とでも、数分で対面の共同作業ができると想像してみてください。

クライアントのダウンロード

PC または Mac クライアントはだれでもダウンロードできます。ただし、Lifesize Connections のご利用にはアカウントが必要です。 

Lifesize Connections の PC/Mac 最小要件
推奨オペレーティング システム
  • Windows 7
  • Mac OS X 10.6 以降
  • Windows® Vista (32 ビットおよび 64 ビット)
  • Windows® XP (32 ビット) SP2、SP3
CPU
  • Intel Core 2 Duo 2.4 Ghz 以降
    (これよりも CPU が低いと、パフォーマンスが低くなります)
メモリー
  • 1 GB以上
ストレージ
  • 60MB のハード ドライブ空き容量
Lifesize Connections サービス規約に同意される場合は、チェックしてください。ソフトウェアのダウンロードには、同意が必要です。

PC ソフトウェアをダウンロードする

Mac App Store から入手
、または lifesize.com から直接ダウンロードできます

今すぐ開始し、連絡先を追加する

今すぐ開始し、クラウド ベースのビデオ会議を使用して連絡先リストに連絡先を追加します

今すぐ開始し、Lifesize Connections の連絡先を追加するのは、お使いのメッセージング クライアント (gTalk、Yahoo!Messenger、AIM など) に連絡先を追加するのと同様に簡単です。

今すぐ開始しましょう

今すぐ開始し、連絡先リストに連絡先を追加する

  1. アカウント管理者からの電子メールを開きます。電子メールには、Lifesize Connections クライアントのダウンロード手順と、ログイン情報が含まれています。
  2. Lifesize Connections クライアントを起動し、ログインします。
  3. ディレクトリで追加する連絡先を見つけて、[連絡先を追加] をクリックします。
  4. 探している連絡先がディレクトリにない場合は、[電子メールまたは接続 ID] テキスト ボックスに、電子メール アドレスまたは接続 ID が分かる場合はこれを入力します。(連絡先の相手が接続 ID を持っている場合、電子メールを入力いただければ ID を検索できます。)
  5. ウィンドウ下の [追加] をクリックします。

これで完了です。連絡先リストに連絡先が追加され、ビデオ通話が開始できます。

ビデオ通話、音声通話、またはチャットを行う

クラウド ベースのビデオ会議を使用してビデオ通話、音声通話、またはチャットを行う

ワンクリックだけで、高解像度ビデオ通話、音声通話をする、またはチャットが開始できます。ファイアウォールや許可の心配も不要です。連絡先リストまたはディレクトリからワンクリックだけで完了します。

ビデオ通話をする

ビデオ通話、音声通話、またはチャットを行う

  1. 連絡先を [連絡先] または [ディレクトリ] から検索します。
  2. 連絡先の横にある [ビデオ通話] アイコンをクリックします。
  3. 応答を待ちます。
  4. 音声通話をするには、連絡先の名前の横にある [音声通話] アイコンをクリックします。
  5. チャット セッションは通話中でも開始できます。チャットを開始するには、[チャット] アイコンをクリックします。

これで完了です。連絡先がビデオ通話に応答しない場合、通話があったことを示す通知が連絡先に送られます。

多地点ビデオ通話をする

クラウド ベースのビデオ会議を使用して多地点ビデオ通話をする

Lifesize Connections なら、多地点での高解像度ビデオ通話も、ワンクリックでシンプルに実現できます。

多地点通話をする

多地点ビデオ通話をする

  1. Lifesize Connections クライアントを起動します。
  2. [会議] をクリックします。
  3. 追加を希望する各連絡先の横に表示される [会議に追加] アイコンをクリックします。
  4. 画面右下の [今すぐ通話] をクリックします。
    または
  5. 既存の通話に連絡先を追加するには、名前の横にある [追加] アイコンをクリックします。
  6. 連絡先が応答するのを待ちます

これで完了です。新しい参加者が新しい画面に表示され、参加者の到来に応じてスクリーンのレイアウトが変更されます。1 通話につき最大 9 名の参加者まで、追加を希望する連絡先のクリックを続けます。クラウド ベースのビデオ会議通話をお楽しみください!

データの共有

クラウド ベースのビデオ会議を使用して、ビデオ通話中にデータを共有する

Lifesize Connections を使用した、高解像度ビデオでの共同作業。現在開いている画面またはデスクトップ全体をビデオ通話中に共有できます。

データの共有

ビデオ通話中にデータを共有する

  1. [データ共有] アイコン (スクリーン左下) をクリックすると、共有の環境設定リストが表示されます。
  2. 共有の環境設定 (画面またはデスクトップ) をリストからクリックします。
  3. デスクトップの共有が即座に開始されます。特定の画面を共有するには、ご希望の画面をクリックしてください。

これで完了です。これで、通話中の参加者全員に、送り手の望む情報が表示されます。

ゲストを招待する

クラウド ベースのビデオ会議を使用するゲストを招待する

連絡先の内、Lifesize Connections を使用していないユーザーがいる場合、ゲストとして招待することができます。

ゲストを招待する

ゲストを招待する

  1. Lifesize Connections クライアントを起動します。
  2. [連絡先を追加する] をクリックします。
  3. ゲストの電子メール アドレスを入力し、[追加] をクリックします。
  4. ゲストがまだ Lifesize Connections を使用していない場合、招待するようにプロンプト表示されます。
  5. [はい] をクリックし、ゲスト名を入力して、[招待する] をクリックします。

これで完了です。招待したゲストには、Lifesize Connections クライアントをダウンロードし、ゲストとしてログインする方法を説明した電子メールが届きます。

アカウントを作成する

クラウド ベースのビデオ会議を使用してユーザー アカウントを作成する

Lifesize Connections のエンドユーザー アカウントの作成は簡単です。

ユーザー アカウントを作成する

ユーザー アカウントを作成する

  1. 管理者コンソールにログインします。
  2. トップ ナビゲーションの [ユーザー] をクリックします。
  3. [ユーザーを手動で追加する] ボタンをクリックし、個別のユーザーを追加します。
  4. エンドユーザーの基本情報を入力します。
  5. 複数のユーザー アカウントを一度に作成するには、[ユーザーのインポート] をクリックし、.CSV ファイルをインポートしてください。

これで完了です。アカウントを作成したユーザーには、Lifesize Connections デスクトップ クライアントをダウンロードし、インストールする方法を説明した電子メールが届きます。  これで、クラウド ベースのビデオ会議の準備ができました。

Room アカウントを作成する

クラウド ベースのビデオ会議を使用して Room アカウントを作成します

Lifesize Connections では、会議室の追加はユーザーの追加と同様に簡単です。Lifesize ビデオ会議システムは、シリアル番号と自動設定ウィザードを使用して、自動的に設定できます。

Room アカウントを作成する

Room アカウントを作成する

注:Room アカウントを作成するには、対応するビデオ会議システムが必要になります

  1. 管理者コンソールにログインします。
  2. トップ ナビゲーションの [Rooms] をクリックします。
  3. [Rooms を手動で追加する] ボタンをクリックし、個別のルームを追加します。
  4. 複数のルーム アカウントを一度に作成するには、[ルームのインポート] をクリックし、割り当てるルーム システムのシリアル番号を含む .CSV ファイルをインポートしてください。
  5. プロビジョニング環境設定を選択します (自動または手動)。
  6. 分かりやすい名前、シリアル番号、接続 ID を入力します。
  7. [追加] ボタンをクリックします。
  8. Lifesize ビデオ会議システムで、[管理者の環境設定] / [通信] / [接続] に進み、[接続を有効にする] を選択します。
  9. ルーム システムのシリアル番号が不明の場合、管理者コンソールから生成して、ルーム システムをセットアップするユーザーに割り当てることができます。

これで完了です。追加した会議室がディレクトリに表示されます。