Austin Cup

LifeSize は、企画段階からハイテク企業の招待者限定オースティン ボーリング トーナメントにかかわってきました。LifeSize はこのイベントに参加して、Center for Child Protection への寄付金を集めています。1989 年に設立された Center for Child Protection は、児童虐待の犠牲者、暴力犯罪の現場を目撃した子供などの緊急保護施設です。このセンターのミッションとして、「児童虐待事件の捜査/起訴中に、子供のトラウマを低減する」ことを宣言しています。

LifeSize は、今年は 2 チームのスポンサーとなり、そのうち 1 チームは、トップテン入りし 5 位に入賞しました。2 年参加している LifeSize は、参加者や応援者の熱心さが評価されて「ファン クラブ優秀賞」を受賞しました。

Dream a Dream

LifeSize は、バンガロールの Urban Stampede に 2 年連続で参加しました。この楽しいリレー レース イベントの収益の一部が Dream a Dream 基金に寄付されます。今年は LifeSize は 4 チームのスポンサーとなり、そのうち 1 チームは 20 キロを 1 時間 53 分で走り、136 チーム中 30 位という成績を残しました。

Freedom Calls

2009 年、LifeSize と Freedom Calls が連携したことにより、LifeSize のビデオ会議を使って、イラクに派遣されている夫が、妻の出産に立ち会うことができました。NBC Nightly News のビデオをご覧ください。

HEB Feast of Sharing

テキサス州の 26 都市では、米国の感謝祭の週に、企業と慈善グループが恵まれない人への食事を提供しています。オースティン市の LifeSize 従業員は、2004 年から毎年ボランティアとして 10,000 人を超える人に食事を提供しており、このイベントは毎年の伝統になっています。

One World (非営利団体)

LifeSize は、アメリカ赤十字および One World Theatre とパートナーとなり、2009 年と 2010 年に Camp One World に高解像度ビデオ会議システムを提供しています。このキャンプは従軍中の軍人の子供向けのものです。キャンプ終了時に、子供たちは LifeSize ビデオ会議システムを通じて従軍中の自分たちの親に向けて劇を上演します。この 2010 年のイベントの短いビデオ映像をご覧ください。または、Austin American Statesman 紙の記事をお読みください。

The Texas 4000

LifeSize は現在まだチームのスポンサーを務めていませんが、ガン患者のためのこの 4,500 キロの自転車チャリティー レースに寄付しています。テキサス州オースティンから出発して、この自転車レースは、アラスカ、アンカレッジまで、経路にあるコミュニティに希望と知識と支援をもたらしながら米国大陸を横断します。