医療機関では、患者が必要としている治療を与えるほど重要なことはありません。しかし多くの在宅または歩行困難な患者にとっては、単に病院に行くことすら困難を伴います。

LifeSize 医療ビデオ会議ソリューションにより、医師、患者、専門家が電話をかけるのと同じぐらい簡単にアクセスできるようになります。

LifeSize のビデオ会議を活用して、患者治療を拡大し、世界中の専門家との共同作業を可能にする方法をぜひご覧ください。弊社の LifeSize Physician Emergency Consult ビデオで、在宅で快方に向かっている高齢の患者さんが、簡単にビデオ通話を行い、複数の医師によるリアルタイム診断のために緊急相談ビデオ会議を簡単に開始する様子をご覧ください。そして、1 つの医療機関である JSA Health が高解像度ビデオを使用して、医師を患者とつないでいる方法、そしてこれによりビジネスが大幅に拡大して、その運営の最初の 1 年だけで 5000 人以上の患者を診察できた方法をご覧ください。

お客様の組織の目標達成を支援する LifeSize ソリューションについての詳細をお読みください。




連絡先

患者治療を拡張

医療は対面で、医師と患者が向き合って行われたときに最善の結果を出します。残念なことに、一部の患者は遠隔地におり、最も近い医療機関からも離れた場所にいます。LifeSize の医療ビデオ会議ソリューションなら、どこにいても患者が医師の診察を受けられ、移動は不要になります。高解像度ビデオを使用して、医師は患者と視覚的につながり、耳道をのぞき込んだり、レントゲン写真を観察したり、患者の様子をしっかりと調べて、コンピュータ、タブレットまたは携帯デバイスからでも、リアルタイムで診断することができます。

従来利用できなかったところもアクセス可能に

医師が簡単にアクセスできる地域でも、専門医療へのアクセスは困難な場合があります。LifeSize 高解像度ビデオ通信ソリューションなら、新生児学、精神医学、腎臓学、腫瘍学などの分野で患者を専門医に定期的につなげることで、診断を受けたり、セカンド オピニオンを得たりすることができます。高解像度ビデオ会議ソリューションがあれば、病気により移動ができない患者でも、世界最高の診断医や治療医にアクセスできます。

出張の削減

慢性病の患者にとって、医師の診察のために定期的な移動は物理面、感情面、金銭面での負担となりかねません。LifeSize ならコンピュータ、スマートフォン、タブレット経由で患者の家からのモニターが可能になり、信頼の置ける医師と対面での診察を受け続けることができます。LifeSize の遠隔医療ソリューションにより、救急医療の必要が生じた場合にもすぐにリアルタイムに専門医とのアクセスが可能になります。

柔軟な学習オプション

医学の分野では急速に進歩が見られるため、医師や医療関係スタッフにとって継続教育が不可欠です。LifeSize 医療ビデオ会議ソリューションなら、医師は手術の現場にバーチャル参加したり、高速フレームのデジタル画像を見て世界最高レベルの学習や共同作業ができます。しかも、患者と過ごす時間を出張によって削る必要はありません。LifeSize は、ビデオ利用の教育にも利用でき、治療結果を向上し、患者の快適性を改善するために、専門家は新しい手法や技術を教えることができます。

グローバルな共同作業

研究やベスト プラクティスの共同作業、新発見や新薬の試行は、医療での継続的な進歩と成功にとって非常に重要です。LifeSize 医療ビデオ通信ソリューションにより、世界中の専門家とリアルタイムの共同作業が可能になり、安全にデータを共有できるため、予後診断や治療などの議論ができるようになりました。