災害に襲われても、ビデオ会議でビジネス継続性を維持します

企業にとってのビデオ会議のメリットの詳細を知りたいですか? 気候、火災、自然災害、病気の流行... ビジネスに影響を及ぼす可能性のある一連の要因です。これらは多くの場合コントロールすることはできず、脅威になり得ます。 2010 年にはヨーロッパ上空の火山灰雲のため、10 万を超える便が離陸できず、1,000 万以上の人々が立ち往生しました。米国における、食物経由のノロウィルス (NoV) の発生関連の経済費用は、年間 50 億 8,000万ドルでした。大事故によって影響を受けた企業の 80% が再開しない、あるいは 18 ヶ月以内に閉鎖すると言われています。ただし、これは完全に先行きが悲観的という訳ではありません。災害が襲っても、ビデオ会議が、様々な場所からのつながりを保ち、御社のビジネスが稼動するのを支援します。