Lifesize Capacity Planner

Lifesize は、シンプルで拡張可能な、使用準備ができたビデオ会議ソリューションを提供します。これは、1 つの共通インターフェイスから素早くプロビジョニングができ、カスタマイズ可能で、瞬時にアクセスできる優れたアプリケーションを特徴としています。Lifesize アプリケーションを使えば、ニーズに最も適した一連の機能を完全にコントロールできます。御社に適切な規模のバンドルで提供される Lifesize アプリケーションには、多地点ビデオ会議通話を、いつでもどこでも、あらゆるデバイスでホストするために必要なすべてのものが含まれています。より大きな柔軟性が必要な場合、仮想機器ソフトウェアとして VMware® または Hyper-V® に各アプリを導入することもできます。IT 管理者が導入のためのハードウェア リソースを計画、管理するのを支援するために、Lifesize は Lifesize UVC Capacity Planner を開発しました。

Lifesize UVC Capacity Planner は以下のことをユーザーに知らせます。

  • どのアプリケーションを同時に実行できるか、またその処理能力
  • 各 Lifesize UVC アプリケーション処理能力の最大限度
  • 新しい仮想機器またはハードウェア機器を導入する必要がある時期
以下のボタンで、Lifesize UVC Capacity Planner を開いてください。Capacity Planner を表示

使用するには、プラットフォームを選び、スライダー バーを調節するか、またはキーボードの矢印キーを使用します。数値と、以下のような色コードが表示されます。

ゴールド 使用可能 割り当てに利用可能な予約容量。
消費済み 既に消費されたリソースの量。
グレー 使用できません 他の UVC アプリケーションによって消費されたリソースの量。
過剰割り当て リソースを障害の危険にさらす推奨の制限値を超えた場合。VMware® または Hyper-V® のインスタンスについては、数値のみが赤に変わり過剰割り当てを知らせます。

Lifesize ハードウェアの場合、CPU、RAM、ネットワーク、およびディスク I/O リソースに関して、水平のサーバー容量インジケータが表示されます。これらのグラフィック表示は VMware または Hyper-V の導入では利用できませんが、この場合は基本ハードウェアの容量を見積もる数値が表示されるので、それに応じてセットアップが可能です。これらの計算は、Lifesize UVC Platform インストールおよび導入ガイド内の仮想機器のハードウェア必要条件に記載された VM インスタンスの最小ハードウェア仕様に基づいています。

役立つリンク

Lifesize アプリケーションの詳細についてお読みください。

Lifesize パートナーを検索

デモを予約 または Lifesize の専門家と話す