ネットワークポートを開く

Lifesize クライアント( Icon を含む)をクラウドベースのサービスに接続できない場合は、ネットワークが適切に設定されていることを確認してください。

Web プロキシを設定している場合は、次のドメインがホワイトリストに登録されていることを確認します:lifesizecloud.com、jwpsrv.com、ssl.p.jwpcdn.com、jwpltx.com、and cloudfront.net

:次のポートは、ステートフル・ファイアウォールがシンメトリック UDP 対応であると仮定しています。

Lifesize のクラウドベースのサービスが使用する IP アドレスのリストを 見るには、管理者コンソールにサイン インし、[詳細設定]>[ネットワーク]を開きます 。

 

Lifesize のクラウドベースのサービスに接続された Lifesize システムとアプリの場合

ファイアウォールで、ネットワークから次の送信先ポートへのアウトバウンド アクセスが可能になっていることを確認します。

プロトコル 送信元 IP 送信元ポート 送信先 IP 送信先ポート 説明
TCP すべて すべて ホワイトリストドメイン *lifesizecloud.com 80 HTTP:Lifesize アプリ のダウンロードとソフトウェアのアップデート

:管理者コンソールのダウンロードページへのリダイレクト

TCP すべて すべて ホワイトリストドメイン *lifesizecloud.com 443 HTTPS:Lifesize デスクトップ、Web アプリ、プロビジョニング、Icon ヘルスモニタリング
TCP すべて すべて ホワイトリストドメイン jwpsrv.comssl.p.jwpcdn.comjwpltx.comtwilio.com、および cloudfront.net 443 HTTPS:Lifesize アプリ のストリーミングおよび再生、ライブストリーム中のQ&A
TCP すべて すべて ホワイトリストドメイン primlb.lifesizecloud.comおよび primpps.lifesizecloud.com 5222 HTTPS:Lifesize デスクトップチャット、モバイルチャット
TCP すべて すべて ホワイトリストドメイン primlb.lifesizecloud.comおよび primpps.lifesizecloud.com 443 HTTPS:35061/TCP に到達不可能な場合、Lifesize デスクトップチャット、モバイルチャット
TCP すべて すべて [管理者コンソール] >[詳細設定]にリストされているパブリック IP アドレス。 35061 Lifesize アプリ のシグナリング( SIP / TLS )
UDP すべて すべて [管理者コンソール] >[詳細設定]にリストされているパブリック IP アドレス。 10000~28000 SRTP メディア


Skype for Business Online

ファイアウォールで、ネットワークから次の送信先ポートへのアウトバウンド アクセスが可能になっていることを確認します。

注:これらのポートは、Skype for Business ソリューションの完全稼働のために Microsoft が推奨するポートに加えて推奨するものです。

プロトコル 送信元 IP 送信元ポート 送信先 IP 送信先ポート 説明
TCP/UDP すべて すべて Lifesize コミュニティにリストされた IP アドレス。 30000-50000 クライアント A/V メディア

オンプレミス Microsoft Lync および Skype for Business

ファイアウォールで、ネットワークから次の送信先ポートへのアウトバウンド アクセスが可能になっていることを確認します。

注:これらのポートは、Skype for Business ソリューションの完全稼働のために Microsoft が推奨するポートに加えて推奨するものです。

プロトコル 送信元 IP 送信元ポート 送信先 IP 送信先ポート 説明
TCP/UDP すべて すべて Lifesize コミュニティにリストされた IP アドレス。 30000-50000 クライアント A/V メディア
TCP エッジサーバー 5061 Lifesize コミュニティにリストされた IP アドレス。 5061 エッジサーバー通話シグナリング
TCP/UDP エッジサーバー 50000-59999 Lifesize コミュニティにリストされた IP アドレス。 30000-50000 エッジサーバー A/V メディア

Lifesize のクラウドベースのサービスでの Microsoft Lync および Skype for Business フェデレーションについて、詳細をご覧ください。

 

サードパーティーの SIP システムの場合

ファイアウォールで、ネットワークから次の送信先ポートへのアウトバウンド アクセスが可能になっていることを確認します。

静的 NAT と受信ポートも必要になることがあります。 製造元の仕様を確認してください。

プロトコル 送信元 IP 送信元ポート 送信先 IP 送信先ポート 説明
TCP/UDP すべて すべて [管理者コンソール] >[詳細設定]にリストされているパブリック IP アドレス。 5060 SIP/TLS
UDP すべて すべて [管理者コンソール] >[詳細設定]にリストされているパブリック IP アドレス。 10000~28000 RTP メディア

サードパーティーの H.323 システムの場合

ファイアウォールで、ネットワークから次の送信先ポートへのアウトバウンド アクセスが可能になっていることを確認します。

静的 NAT と受信ポートも必要になることがあります。製造元の仕様を確認してください。

プロトコル 送信元 IP 送信元ポート 送信先 IP 送信先ポート 説明
TCP すべて すべて [管理者コンソール] >[詳細設定]にリストされているパブリック IP アドレス。 1720 H.225:通話シグナリング
TCP すべて すべて [管理者コンソール] >[詳細設定]にリストされているパブリック IP アドレス。 10000〜16000 H.245: コントロールチャンネル
UDP すべて すべて [管理者コンソール] >[詳細設定]にリストされているパブリック IP アドレス。 10000~28000 RTP メディア(サードパーティーデバイスに暗号化が設定されていない場合)。SRTP メディア(サードパーティーデバイスに暗号化が設定されている場合)。