英国 = 社会的企業のハブ

Cloudforce London と多くの LiveOps その「ソーシャル CRM」、つまりソーシャル カスタマー サービスで出会った顧客やパートナーは、英国で移動しています。 これは、Cloudforce イベントのいくつかのケース スタディで紹介されました。

社長兼CEO、マーティ・ビアード 社長兼CEO、マーティ・ビアード

英国のお客様の多くは、この分野の先駆者であり、ソーシャル対応のクラウド コンタクト センター ソフトウェアを賢く活用して、高品質のカスタマー サービスを提供し、その過程で同業他社との差別化を図っています。 彼らは、音声や電子メールなどの「従来のチャネル」と、Twitter や Facebook などのソーシャル チャネルを組み合わせて、顧客とのより良い双方向のリアルタイムのやり取りを提供しています。

LiveOps のお客様 Royal Mail、 ParcelForce 及び ウォーキンガム自治区議会 を通じて、この変化するコミュニケーション文化を受け入れてきました。 LiveOps プラットフォーム.

LiveOps により、Wokingham Council のコンタクト センターは、電子メール、チャット、音声、SMS、Twitter など、好みのコミュニケーション チャネルを通じて区の 160,000 人の市民にサービスを提供できるようになりました。 LiveOps を通じて社会政府を承認することで、評議会は時代を先取りし、交通問題報告サービスや「犬と骨のテキスト アラート スキーム」などの新しいサービスを展開することができました。 このスキームを通じて、自治区内で犬が行方不明になったと報告された場合、市議会の連絡センターは SMS を介して犬の散歩者に警告することができます。

介して LiveOps ソーシャル、ロイヤルメールは、より深いレベルの顧客エンゲージメントを提供することにより、組織に対する一般の認識を改善しました. ツイッターなどの公開フォーラムで顧客の懸念にリアルタイムで対応することで、郵便局は「最初のツイートの問題解決」を加速させました。 最終的に、Royal Mail は、クラウドベースのカスタマー サービスを活用することで、顧客に対する真のコミットメントを示しました。

ショーが終了し、ロンドンの Excel に日が沈むと、社会的企業が英国内外で勢いを増し続けることが明らかになりました。 カスタマー サービスの未来の舞台を築いた先駆者たちに敬意を表します!

– マーティ ビアード、社長兼 CEO