通話と会議の記録

アカウント マネージャーが、グループでこの機能を有効にしている場合、すべてのデバイスからの通話および会議をワンクリックで記録できます。

通話中の場合は、record を選択して、記録を開始します。

記録が完了すると、記録したビデオは、後で閲覧できるよう、記録フィードに整理およびアーカイブされます。

記録を表示または管理するには、アプリを開き、左のナビゲーションから、recording-view-black を選択します。 日付、時間枠、ビュー、および「いいね」によってフィードで記録をソートし、リストまたはグリッド ビューで表示できます。 表示する記録を選択すると、「いいね」を付けたり、ウォッチリストに記録を追加したりできます。

会議シリーズの記録を共有する

会議の所有者は、参加者が記録を開始したかどうかにかかわらず、その会議のすべての記録を所有します。 記録の初期閲覧権限を設定するには:

  1. アプリを開き、左のナビゲーションから、recording-view-black を選択します。
  2. [ビデオ] ページに移動します。
  3. [会議を選択] で、会議の名前を入力し、Share をクリックします。
  4. [プロパティの共有: 会議シリーズ] で、次のオプションから選択します。
    • 視聴者の追加または削除
    • 記録を [共有しない] に設定する
    • 会議シリーズへのアクセスを提供する Cloud グループの共有可能なリンクを取得する

個々の記録を共有する

アドホック通話では、記録を開始したユーザーが、記録の所有者になります。 Cloud に接続した Lifesize Icon を使用している場合は、記録を開始する際に、所有者を選択できます。 記録 を押してから、Cloud グループのメンバーから記録の所有者を選択します。

記録の所有者は、個々の記録で閲覧者をカスタマイズできます。 方法:

  1. 左のナビゲーションから、recording-view-black を選択します。
  2. [ビデオ] ページに移動します。
  3. 共有する記録を選択して、Share をクリックします。

[プロパティの共有]: [記録] で、既存の閲覧者を参照したり、閲覧者を追加したりできます。 注: ユーザーは、共有されている記録を再共有または編集することはできません。アカウント マネージャーは、担当する Cloud グループの全記録を表示できます。

記録の所有者は、Cloud グループおよびそのグループ外のユーザーの共有可能なリンクを得ることができます。 また、記録は、MPEG-4 ファイルとしてダウンロードできます。