会議の作成

Lifesize Cloud の会議は、定期的にスケジュールされるイベントや繰り返しイベントに最適です。会議を開始する必要はありません。常に利用可能で、参加者はいつでも参加できます。

  1. 会議 を選択して [会議] タブを開き、[会議の作成] をクリックします。
  2. 会議名とその説明を入力します(必須ではありませんが、説明が入力されていると便利です) この時点で、Webアプリのユーザーのみ、パスコードの入力が求められます。(Desktopアプリのユーザーは、を参照してください#4)。
    • 会議の参加にパスコードを義務づける: Lifesize Cloudアカウントを持つ全員が会議タブで会議を見ることができますが、参加にパスコードを義務づけることにより、セキュリティを高めることができます。パスコードは、電子メールやカレンダーの招待メールに自動的に含まれます。会議に参加するには、すべての参加者が 4~10 桁の数字コードを入力する必要があります。注意: パスコードを使用する会議室では、グループチャットは利用できません
  3. [送信]をクリックします。
  4. 詳細オプションを設定する(Desktop アプリのみ):
    • 会議の参加にパスコードを義務づける: Lifesize Cloudアカウントを持つ全員が会議タブで会議を見ることができますが、参加にパスコードを義務づけることにより、セキュリティを高めることができます。パスコードは、電子メールやカレンダーの招待メールに自動的に含まれます。会議に参加するには、すべての参加者が、4~10桁の数字コードを入力する必要があります。注意: パスコードを使用する会議室では、グループチャットは利用できません
    • 司会者を選択する: > をクリックして、司会者として割り当てたい人物の名前を入力します。司会者は、会議において参加者を削除したり、ミュート/ミュート解除したりできます。自分の声を聞いてもらうには、各参加者が自分のマイクのミュートを解除しなければなりません。
    • 講義の講師を選択する: > をクリックして、講師として指名したい人物の名前を入力します。参加者にはメインスピーカーのみが表示され、お互いを見ることはできません。講師は、参加者を削除できます。

会議の主催者

会議を作成すると、その会議の主催者になります。主催者は、会議中に参加者を削除できます。また、会議を編集したり削除することもできます。会議名を 1 回クリックして、[会議の詳細] タブを開きます。[削除] または [編集] をクリックし、名前、説明、または任意の高度なオプションを変更します。

会議の主催者は、繰り返し会議のすべての記録にアクセスでき、Lifesize Cloud アカウント内で記録の視聴者を決定します。管理者は、Lifesize Cloud グループ外のユーザーが記録を表示できるかどうかを決定します。

管理者は、すべての会議を編集および削除できます。

 

通話と会議の記録について、詳細をご覧ください。