Lifesize Live Stream

Lifesize Live Stream は、会社の会議や幹部による最新情報、トレーニングやセッションをライブストリームで配信したいと考える組織にとって理想的です。Life Stream 会議の主催者または司会者は、質疑応答のために会議を開き、参加者が送信する質問にリアルタイムで回答することが可能です。

Live Stream イベントはすべて記録され、[記録] タブから一時的にダウンロードが可能です。Live Stream イベントおよび記録の管理について、詳細をご覧ください。

注: Q&A はモバイルアプリではご利用になれません。

Live Stream イベントのセットアップ

管理者コンソールにログインして、Live Stream を有効にします。

  1. [詳細設定] > [機能およびオプション] で [記録を許可] を有効にしてください。詳細をご覧ください
  2. 管理者コンソールで [会議] に移動して、会議を追加または編集してください。
    • 新規の会議を追加する場合は、最初に [一般] タブおよび [役割] タブで必要な情報を入力して会議を規定します。会議名と主催者を空欄にしておくことはできません。
    • 会議を編集する場合は、選択された会議の行の右端にある  をクリックします
  3. [ストリーミング] タブをクリックして、必要な情報を選択して入力します。
    1. [ライブストリーミングを有効にする] のチェックボックスをクリックします。
    2. ライブ Q&A も含める場合は、 [質問を有効にする] チェックボックスをクリックします。
    3. 質問を公開前に承認したくない場合は、 [着信した質問をすべて自動承認] チェックボックスを有効にします。このオプションにより、参加者は Live Stream イベントで Q&A パネルを通じて送信されたすべての質問を見られるようになります。
    4. [閲覧許可] を選択してユーザーの会議への参加を許可します:
      • 全体に公開 – リンクを知っているすべての人が Live Stream イベントを閲覧できます。
      • グループに公開 – あなたのグループのメンバーのみが Live Stream イベントを閲覧できます。
      • プライベート公開 – パスコードを入力する必要があります。参加の際にパスコードを入力した人のみが、Live Stream イベントを閲覧できます。この設定は、Live Stream イベントへの参加を特定の人に限定する場合にお勧めします。
      • 注:このパスコードは、会議パスコードとは異なります。

    5. [ストリーミング] タブで生成されたリンク、および必要に応じてパスコードをコピーし、会議の主催者に送信して会議の招待状に含まれるようにします。 をクリックしてリンクをコピーしても、パスコードはコピーされません。

    注:新規の会議を追加する場合、リンクが利用可能になるのは [保存] をクリックした後です。

    Live Stream で有効にしたすべての会議が [Live Streams] タブに表示されます。そのタブでリンクを取得できます。

    Live Stream イベントの管理

    Live Stream イベントが作成されると、次の詳細が [管理] ページの [Live Streams] タブに表示されます。

    • 会議名
    • Live Stream イベントへのリンク
    • イベント用に設定した(全体、グループ、プライベート公開の)許可
    • ライブ?ステータス — ストリーミングが進行中かどうか、また、ライブ中であればイベントの閲覧者数を表示
    • 履歴 –  をクリックすると、選択した会議の Live Stream 履歴を表示

    Live Stream 履歴の表示

    [Live Stream] タブで情報アイコンをクリックすると、特定の会議に関するイベントの詳細が表示されます。[履歴] 詳細には、日時、各イベントの継続時間、各イベントの閲覧者数が含まれます。詳細については、[レポート] カラム内の情報アイコンをクリックして、[Live Stream 詳細] レポートを開きます。


    司会者の方へ

    ライブストリームの開始

    ライブストリームを開始するには、ストリーミングのリンクをクリックするか、リンクをブラウザのアドレスバーにペーストします。[Live Stream] ページが開いたら、[ストリームを有効にする] をクリックして、視聴者へのストリーミングを開始します。通常は 1 〜 2 分で、視聴者がストリーミングを観られるようになります。

    注:会議に参加者がいることを確認してからストリーミングを有効にしてください。

    司会 Q&A

    会議の主催者または司会者は、Q&A が有効になっている場合に、Live Stream イベント中に質問を管理できます。ただし、 [着信した質問をすべて自動承認] がそのイベントで設定されている場合を除きます。

    その会議で自動承認が有効になっている場合は、Q&A パネルを通じて送信されたすべての質問が、司会者の審査や承認を経ることなく視聴者に表示されます。自動承認オプションは、デフォルトでは無効になっています。有効にすると、無効にしない限り、その会議のすべてのストリーミングイベントに適用されます。

    司会者パネルは、次のように分類されます:

    • 保留中 — 司会者宛に送信された質問のうち、却下または承認の処理を待っているもの。たとえば、ディスカッションと関係のない質問は却下されることがあります。
    • 公開済み — 司会者が審査して承認処理がされたもの、または自動承認されたもの。

    承認処理された質問は [公開済み] リストに表示され、参加者が見ることができます。司会者が回答するには、回答を入力して [送信] をクリックします。

    注:ライブストリームの閲覧とライブ会議への参加を同時に行いたくない場合は、[質問] パネルをアンドックして Q&A を独立したウィンドウで管理できます。[質問] パネルをアンドックし、誤って閉じてしまった場合は、[Live Stream] ページに戻って再読込してください。


    参加者の方へ

    Live Stream イベントへの参加

    招待された Lifesize ユーザー、およびゲストは、招待状にあるリンクをクリックして Live Stream イベントに参加できます。

    • Lifesize のユーザーはログインが可能です。すでにログインしている場合は、ライブストリームにリダイレクトされます。 招待状にパスコードがある場合、イベントに参加するためにそのパスコードを入力してください。注:イベントパスコードは会議パスコードとは異なります。
    • ゲストは自分の名前を入力しない限り、Live Stream イベントを閲覧できません。

    参加後にライブストリームが表示されない場合、司会者がストリーミングを有効にしていない可能性があります。[再読込] をクリックして、ブラウザでストリーミングを開始するか、ライブストリームが自動的に再読込されるのをお待ちください。

    注:ライブストリームは、ライブ会議に比べて約 30 秒の遅延があります。この遅延はストリーミング技術の限界に起因するものであり、YouTube などのストリーミングサイトによく見られるものです。


    詳細については、Live Stream FAQ をご覧ください。