Live Stream を設定する

Lifesize Live Stream は、会社の会議や幹部による最新情報、トレーニングやセッションをライブストリームで配信したいと考える組織にとって理想的です。管理者は、Lifesize Live Stream の有効化、Live Stream イベントの作成、記録のダウンロードをすることができます。Life Stream 会議の主催者または司会者は、質疑応答のために会議を開き、参加者が送信する質問にリアルタイムで回答することが可能です。

Live Stream イベントはすべて記録され、[記録]タブから一時的にダウンロードが可能です。 Live Stream イベントおよび記録の管理について、詳細をご覧ください。

注: Q&A はモバイルデバイスには対応していません。

Live Stream イベントのセットアップ

  1. 管理者コンソールにログインします。
  2. ナビゲーションメニューから、[会議] をクリックします。
    • 新規の会議を追加する場合は、[一般] タブおよび [役割] タブで [会議の作成] をクリックし、必要な情報を入力して会議を規定します。会議名は空欄にしておくことはできません。
    • 会議を編集する場合は、会議の名前をクリックして会議の詳細を編集します。
  3. [ストリーミング]タブをクリックして、必要な情報を選択して入力します。
    1. [Live Streaming を有効にする]をクリックします。
    2. ライブ Q&A も含める場合は、 [質問を有効にする] をクリックします。
    3. 質問を公開前に承認したくない場合は、 [着信した質問をすべて自動承認] チェックボックスを有効にします。このオプションにより、参加者は Live Stream イベントで Q&A パネルを通じて送信されたすべての質問を見られるようになります。
    4.  [閲覧許可] を選択してユーザーの会議への参加を許可します:
      • 全体に公開 – リンクを知っているすべての人が Live Stream イベントを閲覧できます。
      • プライベート公開 – パスコードを入力する必要があります。参加の際にパスコードを入力した人のみが、Live Stream イベントを閲覧できます。この設定は、Live Stream イベントへの参加を特定の人に限定する場合にお勧めします。注:このパスコードは、会議パスコードとは異なります。
      • グループに公開 – あなたのグループのメンバーのみが Live Stream イベントを閲覧できます。
    5. [ストリーミング]タブで生成されたリンク、および必要に応じてパスコードをコピーし、会議の主催者に送信して会議の招待状に含まれるようにします。  をクリックしてリンクをコピーしても、パスコードはコピーされません。
  4. [保存]をクリックします。注:新規の会議を追加する場合、リンクが利用可能になるのは[保存]をクリックした後です。

Lifesize Live Stream の詳細については、以下のビデオをご覧ください。