システムの自動再起動をスケジュールする

Lifesize Icon を予めスケジュールした時間に自動的に再起動するオプションが追加されました。下の指示にしたがいます。

設定する Lifesize Icon システムのコマンド ラインへの SSH に移動してから、ログインします。

rbsh> で、コマンド clish を入力します。

rbsh>clish

これで、コマンドライン インターフェイス シェルに入り、$ が表示されるはずです。

get を使用すると、 autoreboot  ターゲットに、毎晩、自動再起動が実行される現在の設定とローカル時刻が表示されます。有効にした場合、システムがそのローカル時刻にスリープ状態であると、デバイスは指定されたローカル時刻に再起動されます。システムがアクティブな場合、システムは、次回にスリープ状態になったときに再起動されます。set を使用すると、このターゲットは、デバイスが自動的に毎晩を再起動するかどうか、また、オプションとして自動再起動を実行するローカル時刻を指定できます。時刻は、24 時間時計に基づいています。

get の引数: なし

get の例:

get system autoreboot

off,22,00,00

ok,00

get system autoreboot –V

Nightly Reboot, Hour, Minute, Second

on,22,00,00

ok

set の引数:

< {on|off|keep}>on は自動再起動を有効にします。

off は自動再起動を無効にします。

keep は、現在の値を保持します。時刻を変更する際に便利です。

[-H {0..23}]時間を指定します。
[-M {0..59}]分を指定します。
[-S {0..59}]秒を指定します。

set の例:

自動再起動機能を有効にする

set system autoreboot on

ok,00

自動再起動機能を無効にする

set system autoreboot off

ok,00

自動再起動時間を 23 時に変更する

set system autoreboot on –H 23

ok,00

自動再起動時間を 21:30 に変更する

set system autoreboot keep –H 21 –M 30

ok,00