UVC Video Center

環境で UVC Video Center を使用している場合、Lifesize ビデオ システムは、UVC Video Center への記録を開始できます。

[設定] > [記録とストリーム] で、 UVC Video Center の統合を構成します。

設定説明デフォルト値
レコーダーUVC Video Center を Lifesize ビデオシステムに統合する場合に選択します。無効
レコーダーのホスト名記録およびストリーム サーバーの IP または DNS アドレスを入力します。デフォルトなし
レコーダーのポート通常、デフォルト値の 443 を受け入れてください。

: ビデオ システムとサーバー間で、ネットワークがポート 443 を再マップするポート転送ルールを備えた NAT を使用する場合は、[レコーダのポート]を、再マップされたポート番号に設定する必要があります。

443
記録キーこのシステムからのすべての記録について、サーバーの承認に使用するデフォルト キーを提供するには、値を入力します。 この設定を空白にしておくと、各記録でキーを入力するよう促されます。デフォルトなし
デフォルトの記録レイアウト[すべての通話者][こちら側のビデオのみ][相手側のビデオのみ] のいずれかを選択します。

:UVC Video Center で記録キーを通して指定されたレイアウトは、ビデオ システムで設定した [デフォルトの記録レイアウト] を上書きします。

通話者全員

詳しくは、「記録が有効になっている場合のプレゼンテーション中の送信解像度」をお読みください。