システム オプション

システムのオプションにアクセスするには、 を選択します。

通信、音声、システム入力および出力、DHCP、自動プロビジョニング、温度センサー、ファン速度など、システムのステータスを示します。
通信、音声、ネットワーク、システム入力および出力、DHCP、自動プロビジョニング、カメラなど、詳しいシステム情報を示します。
ディスプレイのセーフ エリアを設定できます。
管理者がシステムを構成する際に必要となるシステムの IP アドレスを表示します。 システムが設定されていない、または動作不能である場合は、シリアルポートの情報が表示されます。
画面に表示されるテキストの言語を選択します。
システムに適用されているライセンスを示します。
確認後に、システムが再起動されます。
管理者ツールを提供します。 このエリアには、数字のパスコード(デフォルトで1234)が必要になります。
DHCP を有効または無効にします。 DHCP を無効にする場合は、IP アドレス、ネット マスク、デフォルト ゲートウェイ、静的DNSサーバーのアドレスを設定できます。 接続をテストするには、[ネットワークをテスト]を選択します。
は、ネットワーク設定をデフォルト値に初期化する: DHCP を有効にし、VLAN タグを 0 に初期化。HTTP と SSH を有効にします。
は、すべての設定をデフォルト値に初期化し、システムを再起動します。
は、システムを代替ソフトウェア バージョンに復帰させ、すべての設定をデフォルト値に初期化し、システムを再起動します。
サインアウトには、 を選択します。