H.323

デフォルトで、Lifesize システムは、ビデオおよび音声通話の送受信で H.323 プロトコルをサポートします。 H.323[設定] >で設定を構成しますH.323

: UVC ClearSea が Lifesize Icon を管理している場合または Icon を Lifesize Cloud に接続している場合、 H.323 は無効になります。

設定説明デフォルト値
H.323 の使用 H.323 を有効にすると、電話をかけるときに、使用する H.323 名を指定できます。 H.323 名と外線番号は、ゲートキーパーへのデバイスを識別します。 登録したデバイスは、この名前と外線番号を使用して別の番号をダイヤルできます。有効
名前オプション値は、ゲートキーパーが構成されている場合に、H.323 ID とともに登録するために必要です。 ゲートキーパー管理者がシステムの H.323 ID を割り当てた場合は、その名前の ID を入力します。 UVC Transit が H.460 サーバーとして機能している場合、UVC Transit でデバイスに設定されたユーザー名を指定します。システムによってランダムに生成される番号
内線番号ゲートキーパーが構成されている場合に使用されるオプション値は、E.164 番号または外線番号とともに登録するために必要です。 ゲートキーパー管理者が E164 番号またはシステムの外線番号を割り当てている場合は、外線番号を入力します。 UVC Transit が H.460サーバーとして機能している場合、UVC Transit でデバイスに設定された外線番号を指定します。システムによってランダムに生成される番号(上と同じ値)
ゲートキーパー モードゲートキーパーを選択できます。 次のいずれかのオプションを選択します。

  • ゲートキーパーを自動的に検出するには、[自動] に設定します。
  • [手動 ] または [手動 H.460] に設定し、プライマリ ゲートキーパーの IP アドレスとポートを指定します。 業界標準へのゲートキーパー ポートのデフォルト、1719。

H.460 サポートを有効にするには、環境でH.460サーバーが設定されている必要があります。 H.460 サポートを有効にすると、システムは、[設定] > [ネットワーク] > [静的 NAT] の設定を無視します。

オフ
ゲートキーパー IDたとえば、複数のゲートキーパーを構成する場合など、ゲートキーパーで必要な場合にのみ設定します。 [ゲートキーパー ID] の値は、システムを登録するゲートキーパーで構成されている承認名に一致している必要があります。 ゲートキーパーに必要でない場合は、ゲートキーパーとの登録に失敗する可能性があるので、この設定は構成しないでください。デフォルトなし
ゲートキーパー アドレスプライマリ ゲートキーパーの IP アドレス。 UVC Transit がH.460サーバーとして機能している場合、UVC Transit シグナリング サーバーの IP アドレスを指定します。デフォルトなし
ゲートキーパー ポートプライマリ ゲートキーパーのポート。1719
ゲートキーパーの認証H.235 認証に対して、ユーザー名とパスワードを指定できます。 詳しくは、「H.323 のセキュリティ」をお読みください。無効

H.323通話のサポートを無効にするには、[設定] > [H.323] > [全般] システムで [H.323 の使用] の選択を解除します。

設定を保存すると、Lifesize システムがゲートキーパーで登録しようとしている際に、黄色いシステム健全性インジケータ が表示されます。 登録が失敗すると、赤いインジケータ が表示されます。 この問題について詳細を表示するには、「> 」を選択してください。

システムは、 > で登録ステータスを報告し、 に構成されたシステム番号を表示します。