カメラの制御

Icon では、通話中と通話の前にカメラを調整できます。 相手側のユーザーがこちら側のカメラを調整できないようにするには、管理者が、[設定] > [ビデオ][相手側からのカメラ制御](デフォルトで有効)を無効にできます。 相手側のユーザーがこちら側のカメラ プリセットを使用および設定しないようにするには、[こちら側のカメラの相手側から制御] または [カメラ プリセットの相手側からの設定] を [無効] に設定します。

 

パン、チルト、ズーム、プリセット

    1. 電話(または画面ディスプレイ)から、制御するカメラを選択します。
> システムがアイドルであるときにこちら側のカメラを調整する。
通話中に、 こちら側のカメラを調整する。 こちら側のビデオは、PIP ウィンドウに表示されます。
相手側のカメラを調整する。
    1. 4 つの矢印のグループを使用して、パンとチルトを調整します。
    2. 2 つの矢印グループを使用してズームを調整します。
    3. カメラのプリセットは、数字に関連付けられている、事前に定義したカメラ位置です。 カメラのプリセットを使用すると、通話中にカメラの位置をすばやく変更できます。

現在のカメラ位置のプリセットを定義するには、[保存されているプリセット] が表示されるまで、数字を押し続けます。

プリセット位置にカメラを移動するには、数字をタップします。

  1. カメラ制御セッションを終了するには、 [終了] を選択します。