Icon 800: 音声入力

DVI-IDVI-I 入力から受信された音声は、プライマリまたはプレゼンテーション ストリームを入力として設定している場合にのみ、こちら側と相手側に送られます。

:DVR を DVI 3 に接続し、DVI 3 を使用するようにプレゼンテーション入力を変更すると、音声とビデオの両方がこちら側と相手側に送信されます。

ライン入力アナログ ラインは常にオンになるため、デジタル入力を持つラインに必要な条件を排除できます。

:スマートフォンを Icon のライン入力に接続している場合に、スマートフォンで再生を押すと、音声がこちら側と相手側の両方に送信されます。

音声を送信したくない場合は、ソースの音をコントロールする必要があります。

ミュートを押すと、システムへのすべての音声入力がデフォルトでミュートされます。 アクティブなマイクのみをミュートするようにシステムを構成するには、[設定] > [音声] > [音声のミュート][アクティブなマイクのみ] に設定します。

デフォルトで、Icon 800 の組み込み音声プロセッサが AEC、ノイズ低減、自動ゲイン制御をコントロールします。 外部コントローラを使用するには、[設定] > [音声][統合音声] をオンにします。 [統合音声] をオンにすると、デフォルトで[アクティブなマイク][ライン入力] になります。