ディスプレイの電源管理

ディスプレイの電源機能(DPMS)を使用すると、ディスプレイのボタンを押したり、リモコンを使用しなくても、対応の HDMI と DVI ディスプレイの電力を制御できます。

DPMS は、次の 4 つの電源状態に依存しています。

  • オン
  • スリープ
  • サスペンド
  • アクティブ オフ

[設定] > [ビデオ] > [ビデオ モニタ] で DPMS コントロールを有効にすると、Lifesize Icon がディスプレイの電源状態を管理しようとします。 DPMS モードを次のいずれかの値に設定します。

オン表示を常にオフにしようとします。
オフ表示をオフにしようとしません。
自動ディスプレイがスリープまたはサスペンドの電源状態をサポートを示している場合に、表示をオフにしようとします。
スマートディスプレイがスリープ、サスペンド、アクティブ オフの電源状態をサポートを示している場合に、表示をオフにしようとします。

モニタが DPMS をサポートするかどうかをテストするには、次の手順を実行します。

  1. CEC を無効にします。
  2. [DPMS モード]オンに設定します。
  3. Icon をスリープ状態にします。
  4. ディスプレイがオフにならない場合は、DPMS はサポートされていません。 [DPMS モード]オフに設定します。
  5. 表示が最終的にオフになると、Icon が標準の状態に戻ります。
  6. ディスプレイがオンになる場合は、DPMS はサポートされています。 DPMS を有効のままにしておきます。
  7. ディスプレイがオンにならない場合は、CEC と DPMS の組み合わせを使用して、ディスプレイの電源状態を制御してみてください。ディスプレイを標準の状態に戻すには CEC、スリープ状態にするには DPMS を使用します。