新しいインフラストラクチャ アズ ア サービス (IaaS) オファリングにより、あらゆる規模の企業がクラウドでの HD ビデオ コラボレーションの品質、生産性、パワーを解き放つことができます。

等身大、Logitech (NASDAQ: LOGI) (SIX: LOGN) の一部門である、本日発表 Lifesize® Connections™、クラウドベース HDビデオ会議 エンタープライズ レベルの品質で没入型のマルチパーティ コミュニケーションを提供するプラットフォームです。 Lifesize Connections は、企業全体でシームレスな暗号化された HD ビデオ通話を提供し、Lifesize を接続します ビデオ会議システム 会議室で PC または Mac コンピューターのデスクトップ ユーザーに。

Lifesize の CEO で Logitech SVP の Craig Malloy は、次のように述べています。 「Lifesize Connections は、企業内外での HD ビデオ コラボレーションを迅速かつ簡単に追加および拡張する方法です。 これは、以前は高額な値札と管理されたサービスの負担を伴う重役会議室に限定されていた特典です。 現在、当社のクラウドベースのプラットフォームは、従業員が生産性を向上させ、かつてない方法でコラボレーションできるようにすることで、新しい働き方を導入しています。」

ユーザーは、ダウンロード リンクとゲスト登録を送信するだけで、連絡先を Connections に無料でゲストとして参加させることができます。 これにより、新規および既存のビデオ ユーザーの両方が、リーチを拡大し、リモートの従業員、クライアント、およびパートナーと簡単かつアドホックな方法で簡単に通信できます。 Lifesize Connections は、XNUMX 方向の HD ビデオ ブリッジング、データの暗号化および管理を備えています。 ファイアウォールを即座に通過するようにエンドポイントとソフトウェア クライアントを自動的に構成し、あらゆるネットワークでの接続を常に確保します。

多くの企業にとって、ビデオの採用に対する顕著な障壁は、機器の初期費用が高いことと、従来のオンプレミス ビデオ インフラストラクチャの複雑な展開を管理するための十分な IT リソースが不足していることです。 また、相互運用性の課題により、オンプレミス ユーザーが外部のベンダー、顧客、または同僚と電話をかけることが難しくなっています。 Lifesize Connections は、ターンキー展開、柔軟な従量制料金モデル、およびコンピューターと Web カメラを使用して誰とでも共同作業できる機能を組み合わせることで、これらの課題を解消します。

Frost & Sullivan のプリンシパル アナリストである Roopam Jain 氏は次のように述べています。 「Connections により、Lifesize は、誰でも、どこからでも簡単にアクセスできるようにすることで、ビデオのユビキタス採用に近づいています。」

Lifesize Connections の製品機能は次のとおりです。

  • IT 負担の軽減
    • 会議室、PC、または Mac コンピュータ間のシームレスな統合
    • ディレクトリ サービスを含むエンドポイントとソフトウェア クライアントの自動構成
    • 統合されたファイアウォール トラバーサルにより、あらゆるネットワークでの通話接続を確保
    • ユーザー固有の帯域幅制御、レポート、およびユーザー管理を含む、暗号化された Web ベースの管理
  • あらゆるユーザーの使用を簡素化
    • マルチパーティ コールへのシームレスなコール エスカレーションを備えた、簡単なクリック ツー コールのプレゼンス対応ダイヤリング
    • データ共有とインスタント メッセージング機能
  • HD ビデオ通信を利用可能にする
    • 暗号化されたメディアとシグナリングによる 720p での最大 XNUMX 方向の多地点通話
    • コストと IT サポートの削減に役立つ、シンプルかつ簡単に組織と共に成長するクラウドベースのスケーラビリティ
    • 購入を確約する前の製品のオプションの無料トライアル