管理機能

Lifesize Share デバイスを設定して使用するには、*.lifesizeshare.com をホワイトリストに登録し、TCP ポート 22 を開いたままにする必要があります。 

Lifesize Share デバイスの初期設定 - 有線

  1. デバイスを HDMI ケーブルと会議室システムの HDMI ポートまたはディスプレイの HDMI ポートに接続します。
  2. ネットワーク ケーブルをデバイスの背面にあるネットワーク ポートに挿入します。このポートにはLANのマークが付いています。ネットワーク ケーブルの反対側の端を、ネットワーク ポートに挿入します。ポートで DHCP が無効になっている場合、デバイスはメンテナンスモードになり、Wi-Fi ネットワークに接続して登録を完了できます。Lifesize Share デバイスの初期設定 - ワイヤレスをご確認ください。
  3. 電源アダプタ ケーブルをデバイスの背面にある電源ポートに挿入し、電源アダプタをコンセントに接続します。
  4. ディスプレイをオンにして、コンピュータのウェブブラウザを開き、画面上の指示に従います。
  5. 既存の Lifesize Share アカウントをお持ちの場合は、ステップ6に直接進んでください。これが最初のデバイスで、Lifesize Share アカウントを持っていない場合は、[サインアップ] をクリックして Lifesize Share アカウントの登録プロセスを開始してください。
    1. メールアドレスとパスワードを入力します。
    2. [サインアップ] をクリックします。入力したメールアドレスに電子メールが送信されます。
    3. 電子メールで送信された確認コードを入力します。
    4. [アカウントを確認] をクリックします。
    5. アカウント名を入力します(例:lifesizeshare.com)。これは、デバイスにアクセスするための URL です。
    6. オプション:CNAME を入力します。
    7. [保存] をクリックします。アカウントの設定を変更するには、デバイスリストのページから[管理者設定] をクリックします。
  6. お使いのデバイスの名前を指定し、[保存] をクリックします。Lifesize では、Lifesize Share デバイスに会議室と同じ名前を付けることを推奨しています。これでデバイスが登録されました。[設定の変更] をクリックしてデバイスを設定するか、[続行] をクリックしてデバイスの使用を開始します。

:最初のセットアップ時に、左上隅に Lifesize Share デバイスの IP アドレスとシリアル番号が表示されます。これは、デバイス名とアカウント名が登録された後に表示されます。

Lifesize Share デバイスの初期設定 - ワイヤレス

  1. デバイスを HDMI ケーブルと会議室システムの HDMI ポートまたはディスプレイの HDMI ポートに接続します。
  2. 電源アダプタ ケーブルをデバイスの背面にある電源ポートに挿入し、電源アダプタをコンセントに接続します。
  3. ディスプレイの電源を入れ、画面に表示されている SSID に 接続します
  4. お使いのコンピュータの Web ブラウザを開き、http://lifesize.share にアクセスします。
  5. 指示に従って、デバイスを Wi-Fi ネットワークに接続して再起動します。
  6. ディスプレイをオンにして、コンピュータのウェブブラウザを開き、画面上の指示に従います。
  7. 既存の Lifesize Share アカウントをお持ちの場合は、ステップ8に直接進んでください。これが最初のデバイスで、Lifesize Share アカウントを持っていない場合は、[サインアップ] をクリックして Lifesize Share アカウントの登録プロセスを開始してください。
    1. メールアドレスとパスワードを入力します。
    2. [サインアップ] をクリックします。入力したメールアドレスに電子メールが送信されます。
    3. 電子メールで送信された確認コードを入力します。
    4. [アカウントを確認] をクリックします。
    5. アカウント名(例:lifesizeshare.com)を入力します。これは、デバイスにアクセスするための URL です。
    6. オプション:CNAME を入力します。
    7. [保存] をクリックします。アカウントの設定を変更するには、デバイスリストのページから[管理者設定] をクリックします。
  8. お使いのデバイスの名前を指定し、[保存] をクリックします。Lifesize では、Lifesize Share デバイスに会議室と同じ名前を付けることを推奨しています。これでデバイスが登録されました。[設定の変更] をクリックしてデバイスを設定するか、[続行] をクリックしてデバイスの使用を開始します。

:最初のセットアップ時に、左上隅に Lifesize Share デバイスの IP アドレスとシリアル番号が表示されます。 これは、デバイス名とアカウント名が登録された後に表示されます。

アカウントの設定の編集

アカウントを編集するには、管理者としてログインする必要があります。

  1. Lifesize Share アカウントの設定を変更するには、[管理者設定] をクリックし、アカウント名または CNAME(オプション)を変更します。
  2. 変更が完了したら[保存] をクリックします。

デバイスの編集

デバイスの登録が完了したら、デバイス設定の一部またはすべてを変更できます。デバイスを編集するには、管理者としてログインする必要があります。

  1. デバイスリストからデバイスを選択します。
  2. デバイス名の隣の  編集 をクリックすると、 [Lifesize Share デバイスの設定] ウィンドウが開きます。
  3. 下記の項目について、必要に応じて編集します。
    • デバイス名
    • コードポリシー(毎回尋ねる、一度だけ尋ねる、30日ごとに尋ねる、一度も尋ねない)。これは、デバイスに接続するときにペアリングコードを入力する頻度を示します。
    • フレームレート:30または60フレーム/秒(FPS)。
    • オーバースキャンを有効にする:オーバースキャンはデフォルトでは無効になっています。オーバースキャンを有効にすると、画像の割合が画像が表示される画面の比率と一致しなくなることがあります。
    • ワイヤレスを有効/無効にする。有効にすると、Lifesize Share を Wi-Fi ネットワークに接続したり、ゲストのワイヤレスアクセスポイントを設定したりできます。
    • ワイヤレスモード。:ワイヤレスアクセスポイントモードでは、Lifesize Share はチャネル6で送信します。
      • ワイヤレスネットワークに接続 - 使用可能なオプションから、使用するネットワークを選択します。
      • ブロードキャストのオープン - 企業ネットワークへのアクセスを許可します。
      • ブロードキャストインターネットのみ - デバイスが作成するネットワーク経由でのインターネットアクセスを可能にします。
      • ブロードキャスト共有のみ - デバイスへの共有のみ、インターネットアクセスなし。
    • SSID
      • 既存のネットワークに接続する場合は、SSID を選択します。
      • 別のワイヤレスアクセスポイントを作成する場合は、SSID 名を割り当てます。
    • パスワードを使用する(ワイヤレス ネットワーク)
      • 使用する場合、パスフレーズを割り当てます。
  4. [送信] をクリックします。

この画面から、デバイスの再起動デバイスログの サポートへの送信 サポートアクセス用の逆 SSH トンネルの作成のトラブルシューティングを実施できます。:これらのオプションのいずれかを選択すると、自動的にアクションが開始されます。

デバイスの削除

デバイスを削除するには、管理者としてログインする必要があります。

  1. デバイスリストからデバイスを選択します。
  2. デバイス名の横にある cancel-remove をクリックし、[削除] をクリックして削除を確認します。

Lifesize Share デバイスへの接続方法がユーザーにとってわかりやすくなるよう、テーブルテントテンプレートをご用意しています。