州政府および地方政府

地方政府での安全で信頼性とコスト効率が高いコミュニケーションによって、コミュニティ全体が機能する方法を文字通り一変することができます。

Lifesize の州政府と地方政府向けビデオ会議ソリューションなら、職員が現場の同僚とつながることで、応答時間を短縮します。

Lifesize のビデオ会議を活用して、安全なグローバル共同作業により、効率性を促進する方法をご覧ください。御社の目標達成を支援する Lifesize ソリューションの詳細をお読みください。

Lifesize が州政府と地方政府を支援する方法

  • 共同作業が簡単に

    大きな予算がある連邦政府部局で保存のために使用されるビデオ会議。Lifesize 高解像度ビデオ会議サービスを使用すれば、同じ技術が州および地方レベルでも稼働します。Lifesize を使えば、オフィス間での研修や教育、組織をまたいだ連携や地域支援活動プログラムを増やす一方で出張を減らすことにより、地方政府は節約をすることができます。コンピュータ、タブレット、スマートフォンでの高解像度ビデオを介して、必要な支援活動を公務員に提供することで、Lifesize は一般市民と公務員との距離を近づけています。

  • リアルタイムに実行

    緊急応答者や公的安全機関では、危機的な状況での応答時間を改善し、コミュニケーションを維持する方法を常に模索しています。Lifesize が提供するモバイル ビデオ会議ソリューションなら、現場の緊急スタッフが状況を評価して、スマートフォン、タブレット、ラップトップからリアルタイムで本部に報告することができます。Lifesize は、市民が最も必要とする場面での緊急管理、応答研修、中央指令のコミュニケーションを改善します。

  • 安全な通信

    州政府および地方政府では、Lifesize の厳しいセキュリティ基準により、Lifesize の使用は安全だと考えられています。Lifesize 製品は厳しい政府のセキュリティ要件、相互運用性要件、パフォーマンス要件を満たしています。これには米国の JITC (相互運用性テスト コマンド) 認証、 FIP (連邦情報処理) 標準 140-2 認証 – レベル 1 および暗号化によるセキュリティ カーネル認証が含まれます。

  • 業務の効率性

    地方自治体や州政府機関は、災害時にも職務を果たすことが求められています。Lifesize を活用することで、これも実現可能になります。Lifesize の州政府と地方政府向けビデオ会議ソリューションを利用すれば、電話回線が切断、または安全に使用できない場合でも、政府機関の内部や全体の、さらに連邦政府との通信ラインが切断することはありません。ライブの会議が不可能な場合にも、Lifesize ビデオ会議ソフトウェアなら、コンピュータまたはモバイル デバイス上で安全な対面コミュニケーションを実現します。

安全な技術

Lifesize の技術性能には、以下が含まれます。

  • H.235 AES – Advanced Encryption Standards (新暗号規格) を徹底順守
  • IPv6 – 政府機関ネットワークの相互運用性のためのインターネット レイヤー プロトコル
  • 管理者およびユーザー レベルのパスワード
  • HTTP、SSH、Telnet サービスを無効にする機能
  • TLS/SRTP サポート
  • IEEE 802.1x サポート
  • Kensington セキュリティ スロット

関連文書をダウンロード