職場における 8 つの効果的なコミュニケーション戦略

コミュニケーションは、私生活だけでなく、同僚、パートナー、顧客との職場での関係を構築し、維持する方法でもあります。 特にパンデミック時には、コミュニケーションが重要です。

企業が効率的に運営され、繁栄するためには、明確なコミュニケーション戦略を実施する必要があります。 さらに、適切なコミュニケーションツールを用意することも不可欠です。 この記事では、職場でのコミュニケーションの重要性を探り、組織にとって効果的なコミュニケーション戦略を開発するためのヒントを提供します。

これらの XNUMX つの効果的なコミュニケーション戦略を使用して、職場でのコミュニケーションを改善します。 士気、イノベーション、コラボレーションなどを高めます。

コミュニケーション戦略とは? 

コミュニケーション戦略は、組織内のコミュニケーションを改善するための行動計画です。 計画を成功させるための目標を設定することに加えて、コミュニケーション戦略には、通常、言語と非言語のコミュニケーション スタイルの戦略的な組み合わせを可能にするツールの選択が含まれます。 職場でコミュニケーション戦略を使用すると、会社の知識が増え、部門間のコミュニケーションが容易になり、最終的にビジネス プロセスがより合理化され、効率的になります。

より効果的な職場のための8つのコミュニケーション戦略

効果的なコミュニケーションは、チーム メンバーが強い関係を築き、企業文化と企業全体の成長に積極的に貢献するのに役立ちます。 組織内で効果的なコミュニケーション戦略を実装するのに役立つ XNUMX つのヒントを次に示します。  

1.優れたコミュニケーションツールを使用する

チーム内の内部コミュニケーションをより効果的にするために使用できる多くのツールがあります。 

  • 等身大 – Lifesize は、使いやすいクラウドベースのビデオ会議ソリューションを提供します。このソリューションは、個人のデバイスで使用したり、会議室に統合して、すぐに顔を合わせてコミュニケーションしたりできます。 リモートチームメンバー. リアルな 4K 画質により、まるで同じ部屋で会議を行っているかのように感じられ、超高解像度のコンテンツ共有により、重要なプレゼンテーション中に作業の品質と詳細が維持されます。 
  • 月曜日 – Monday は、マネージャーがチームのタスクと進行状況を XNUMX つの視覚的なコラボレーション スペースで計画、編成、追跡できるようにするプロジェクト管理ツールです。 月曜日は最新情報を簡単に把握できます あなたのチームのワークフロー 自分だけでなく。 
  • Slack  or チーム – Slack と Microsoft Teams の両方が、チームに迅速かつ効果的なインスタント コミュニケーション チャネルを提供します (非常に重要な .GIF 統合を含む)。

2. 従業員と定期的に会う 

有効なもう XNUMX つのコミュニケーション方法は、チームと定期的にミーティングを行うことです。これにより、コミュニケーションとコラボレーションが改善されます。 リモートの従業員がいるチームにとって、ビデオ会議通話は、全員が顔を合わせて会うことができる完璧なソリューションです。 音声通話とは異なり、ビデオ会議通話では顔の表情やボディー ランゲージを実際に見ることができるため、全員が何かがどのように伝達されているかを完全に理解できます。 あなたもすることができます 会議を記録する 電話会議に参加できなかったチーム メンバーが後で確認できるようにします。

3.成果を認識する 

マネージャまたはチーム リーダーとして、士気を高く保ち、モチベーションを高く維持することが重要です。 個人やチームの功績を公に認めることで、チームとそのパフォーマンスに気づき、気にかけていることを示すことができます。 業績が認められると、パフォーマンスにプラスの影響を与え、生産性を向上させることができます。 

4. 明確な指示を与える 

コミュニケーションが失敗しがちな領域の XNUMX つは、チーム リーダーが指示を伝達する方法です。 不明確なコミュニケーションは、プロジェクトの遅延や完全な停止を引き起こす可能性があります。 すべてのタスクまたはプロジェクトに詳細な指示を含めるようにしてください。 これらの指示は、電子メール、プロジェクト管理ツール、ビデオ チャット、または上記のすべてを介して配信できます。 明確な指示により、チームは最初から物事を正しく行うことが容易になります。

5. オープンな環境を作る 

コミュニケーションの流れを開くには、チームメンバーが問題を抱えたり、間違いを犯したり、質問をしたりしたときに、安心してあなたのところに来るようにする必要があります。 「私のドアは常に開いています」というフレーズを聞いたことがあると思いますが、チームが世界中に分散している場合、それは簡単なことではありません。 直接またはビデオ通話を介して、何でもあなたに連絡できることをチームに明確にすることで、彼らは快適に感じ、コミュニケーションのオープンな環境を作り出すことができます.

6. マンツーマンの時間を作る 

オープンな環境の作成に合わせて、各チーム メンバーとの XNUMX 対 XNUMX のミーティングを設定して、質問、問題、または提案を提供する機会を与えることが重要です。 XNUMX 対 XNUMX は、チーム メンバーのパフォーマンス、彼らが苦労していること、そして彼らをよりよくサポートする方法について話す絶好の機会です。 彼らは、グループ環境で分かち合うことに不安を感じていたかもしれないいくつかのことを明らかにするかもしれません. XNUMX 対 XNUMX のミーティングは、個人としての価値を感じるのにも役立ちます。

7.ビジュアルを使用する 

言いたいことを伝えるために、さまざまなコミュニケーション方法を利用することを恐れないでください。 戻るための視覚的な参照がない場合、特に聴覚情報を保持するのが苦手な場合は、詳細を見逃すことがよくあります。 ホワイトボードは創造性を促進し、コンテンツを視覚的に魅力的にし、吸収と保持を容易にします。 Lifesize Share™ を使用した Kaptivo ビデオ会議通話中にホワイトボードのコンテンツをリアルタイムでキャプチャして共有できます。 会議の後、会議中に共有されたスライド デッキまたは Kaptivo セッションを送信して、会議中に議論された内容を視覚的に思い出してください。

8. フィードバックを受け入れる 

マネージャーは、双方向のコミュニケーションも重要であることを認識する必要があります。 オープンなコミュニケーションとは、自分のコミュニケーションとリーダーシップを向上させるために、チーム メンバーからのフィードバックを受け入れる必要があることを意味します。管理スタイル. チーム メンバーが簡単にフィードバックを送信できるシステムを用意します。メール、対面、または匿名で行うことができます。 チーム メンバーに、従業員の満足度を高めるために改善できる点や、チームが会社の将来のアイデアとより良いコミュニケーションをとる方法について提案するよう奨励してください。

効果的なコミュニケーション戦略の 3 つのメリット 

コミュニケーションは、企業の働き方、コラボレーション、さらには社交においても重要な役割を果たします。 職場のコミュニケーション不足は、組織内のさまざまな問題につながる可能性があります。
ある研究では、 米国の労働者の45% 上級管理職のコミュニケーション方法に不満を持っており、従業員の関与に悪影響を及ぼしています。 その結果、従業員は輪の外に出て、切り離され、耳を傾けられないと感じるようになります。

対照的に、従業員が自分の意見を聞いてもらえていると感じると、ポジティブな感情が生まれます 理想的な職場環境、生産性を向上させ、職場での革新を促進します。 

1. 前向きな職場

前向きな職場環境は、協力的な基盤から始まります。 チームメンバーに質問をし、意見を表明するように奨励することで、彼らは力を与えられ、チームのコラボレーションが増し、グループの成功に貢献するコミュニティの感覚を得ることができます。 最終的に、構築に焦点を当てたチーム チームの友情 一緒に仕事をすることに喜びと熱意を持った、より強いチームです

2.生産性の向上 

効果的にコミュニケーションすることで、従業員のスキル、経験、才能をよりよく理解できます。 これにより、明確な指示を出し、最も適切なスキルを持つチーム メンバーにタスクを割り当てることが容易になります。 さらに、効果的なコミュニケーション戦略を実装することで、チームのコラボレーションが向上し、ミスが減り、生産性が向上します。 Lifesize ユーザーの最近の調査では、回答者の圧倒的 99% が次の意見に同意しました。 コミュニケーションとコラボレーションの改善により、生産性が向上しました 彼らのチームのために。

3. より大きなイノベーション 

従業員が嘲笑を恐れずに自分のアイデアや意見を率直に伝えることができると感じた場合、新しいアイデアを提案する可能性がはるかに高くなります。 アイデアを共有し、コミュニケーション チャネルを開くことで、組織内のイノベーションを促進できます。 

MLB が Lifesize を使用してコミュニケーションを改善し、会議への参加を増やした方法  

メジャー リーグ ベースボールは、米国で最も歴史のあるプロ スポーツ リーグであり、ワールド ベースボール クラシックやオールスター ゲームなどのイベントで、北米中の球場に 73 万人が訪れます。 これらのイベントには、複数の場所に分散した 50 人以上の人々との準備と調整に数か月かかります。

以前はグローバル会議に電話会議通話ソフトウェアのみを使用していたため、エンゲージメントが低く、通話中に人々がマルチタスクを行うことが多いことに気付きました。

2017 年のワールド ベースボール クラシックの準備として、メジャー リーグ ベースボールは、会議をより効率的、効果的、かつ魅力的なものにする必要があると判断しました。 Lifesize との提携. Lifesize ビデオ会議ソフトウェアと完全に統合された会議室システムにより、コミュニケーションとコラボレーションの方法が完全に変わりました。

MLB は試験運用中に、人々がより熱心に取り組み、誤解が少ないことに気付きました。 この成功により、世界中のより多くの人々が Lifesize を介して会議に参加するようになりました。 

メジャー リーグ ベースボールの会議出席者は、42 年の前回のトーナメントと比較して 2013% 増加しました。 

「IT の観点からは、実装が簡単で、当社のニーズに柔軟に対応でき、リモートの従業員にとっても簡単でした。」 — Daniel Gainey 氏、MLB の IT 運用マネージャー

Lifesize は現在、メジャー リーグ ベースボールのイベント テクノロジー ポートフォリオに常設されており、今後のすべてのイベントで使用されます。

まとめ

企業が効果的なコミュニケーション戦略を実施すると、全体的な生産性が向上します。 定期的な XNUMX 対 XNUMX のミーティングやチーム ミーティングを通じて、職場でのコミュニケーション方法を改善できます。 ただし、チーム メンバーがさまざまな都市にいるグローバル企業の場合、組織全体のコミュニケーションは少し難しくなる可能性があります。 Lifesize のクラウドベースのプラットフォームは、顔を合わせて簡単に接続できるようにし、組織がコミュニケーション戦略を改善するのに役立ちます。 そしてby 無料アカウントにサインアップする、完全に暗号化された高品質の通話で最大 10 人の参加者と簡単に接続できます。